So-net無料ブログ作成

拾ったお金をネコババをしない日本と中国の違いとは [国際]




2016年5月6日、中国のポータルサイト・網易に、「なぜ日本人はお金を拾ってももらわないのか」と題する記事が掲載され、ネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

日本で放送されたテレビ番組によると、日本で1年間に警察に届けられる現金は189億円で、東京都だけでも30億円に上るという。記事は、実際に日本でタクシーに乗った際に財布を落としたという中国人のケースを紹介。タクシーを降りて3時間余り後に食事をした時、財布を忘れたことに気付いたそうで、タクシー会社に連絡するとすぐに「乗務員が保管していますから安心してください」との回答があった。そして翌日には、自宅まで財布を届けてくれたそうで、この出来事に非常に感動したという。

また、「なぜ日本人は拾った金をきちんと届けるのか」について日本人に聞いたところ、「お金をなくした人は焦っているはず。財布をなくしたらカードとかもあるから、もっと焦ると思う」「お金を拾ったら交番に届けないと捕まるんだよ」という答えが返ってきたといい、その理由を「基本的な道徳心のほかに、明確な法律があるから」と結論付けた。そして、ネットユーザーに対して「あなたはどう思いますか?」と問い掛けている。

この報道に、中国のネットユーザーからは、「日本にいた時、14万円入った財布を駅の改札付近で落としたことがあるが、駅の遺失物預り所に届けられてた。私は日本人は信じるけど、中国人は信じない」「日本の免税店で中国人をだますのはみんな中国人だってニュースがあったばかり。日本人は中国人より信用できる。政治を除けばね。これを認めない人は客観的じゃない」「こういうニュースを見るたびに、小日本がなぜわが国を倒せたのかがわかる」「民度の問題」「前に日本に旅行した時に富士山で財布をなくした。身分証とかも入ってて終わったと思ったよ。でも、夜になってガイドに『見つかった』って電話が入って、翌日、届けてくれたのは中学生くらいの子だった。しかも、『届けるのが遅くなって』と謝罪までしてたよ」といったコメントが寄せられている。
(この記事は(Record China)から引用させて頂きました)



おすすめ記事
甲子園の阪神VSヤクル戦で上空から魚が降った珍事とは
あなたの「ブラ」で性格診断
奇跡のようなトリックアート写真「ガードレール犬」が笑える
DAIGOが披露宴で歌った「KSK」のCDリリースに辛辣な声
「とくダネ!」で女性の下着映る 「赤いのがみんな見えていた」と小倉智昭氏が注意
夫婦が娘を殺害することになってしまった統合失調症とは
夫婦関係の危険度チェックリスト
iPhoneのSIMロックの解除があまりにも簡単な件
NHK藤井康生アナの天皇賞実況で、ネットで物議の失態とは
鉄拳がフジテレビのクイズ番組で起きた出演者もあ然とするトラブルとは
太る人と太らない人の生活パターンとは
なつかしのファミコンキャラも3Dで表示するエミュレーター「3DNes Emulator」が登場
春の睡眠不足を解消するお役立ち便利グッズとは
女性に初デートで、ドン引きされないためには?
男を引き付ける魅力的な「盛りトップス」の3つのポイントとは
突然死のリスクは、おにぎりを温めたり食べ方で高くなるって、知ってますか?
関西の食パンが「5枚切り」の理由とは?
南果歩が勧めた人間ドックで渡辺謙が命拾いしていた事実!!
「目が笑ってない!?と思う芸能人トップ10」  見た目で判断は禁物ですが・・・
20~30代の男女500人が選んだ「恋愛遍歴がすさまじい女性芸能人10」とは




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。