So-net無料ブログ作成

河野太郎防災担当相の現場感覚と当事者意識の欠落した発言とは? [政治]




4月14日に熊本で発生した大地震。止まることのない余震、刻々と被害の拡大が報告される中で、避難中の方々から口々に聞かれ、早くから報道されていたことは「余震による電気(や家具)の落下が怖くて屋外で避難している」という状況だ。

避難所に指定された学校などに行ったはいいが、余震を恐れて、屋外で毛布にくるまったり、自動車内で夜を明かしている光景が早くからニュースなどでも報道されていた。

そんな中、政府は15日、「全避難者の屋内避難」の方針を出したそして、河野太郎防災担当相による「今日中に青空避難所というのは解消してくれ」というメッセージが、熊本県の蒲島郁夫知事に伝えられた。

33cc2_368_f919d3dfd033b59ba83b07d942df2f1b.jpg

それに対し、蒲島熊本県知事は、

「避難所が足りなくて屋外に出ているわけではない。余震が怖くて部屋の中にいられないのだ。現場の気持ちが分かっていない」

と嫌悪感を示したと報道された。

「政府の指示を伝えただけだ」と言い訳もできるかもしれないが、率先して現場の情報を集め、最良の選択を政府に進言し、判断することこそが、防災担当相の役目のはず。それが、政府の決定を伝えるだけであるばかりか、現場感覚と当事者意識の欠落した発言。

今回、迅速に対応を進めた政府および自衛隊への評価が高まっているが、そんな動きに泥を塗っているようにさえ見える。

屋内の危険性とそれに怯える避難中の方々の状況は、繰り返し報道されていることだ。河野太郎防災担当相の情報収集能力と想像力の低さを感じるこの発言には、さすがに呆れさせられる

(この記事は(メディアゴン)から引用させて頂きました)



おすすめ記事
貫地谷しほりのフォローワーが唖然とした驚愕の日よけ対策が笑える!!
九州新幹線の運行再開の時期が見通せない程の損傷とは
愛媛新聞、スポーツ面の熊本地震に対するエールが泣ける!!
一級建築士が語る熊本地震で「2つに割れたマンション」の本当の意味とは
三菱自動車の燃費偽装 PHVでも発覚!!
下半身がポロリ寸前の「裸同然」のドレス姿を披露したスーパーモデルとは
ベッキー「記者会見なし」の復帰で、矢口真里や江角マキコ達と同様か?
アルバニアのテレビ局が視聴者獲得のため、女性キャスターにさせているエロイこととは?
専門家がベッキーの謝罪会見を高評価したワケ
もふもふさが半端ない!! “まっくろくろすけ”みたいな猫
意外と小柄な女性芸能人って誰?
日産と韓国環境省 排ガス規制の不正指摘の食い違いとは
「日本三名城」熊本城無残!!未曾有の被害とは?
熊本地震 韓国記者「落ち着いた避難誘導」のホテル従業員称賛
熊本県益城町で相当なエネルギー放出結果の活断層確認!!




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。