So-net無料ブログ作成

自動車評論家の死亡事故 車の能力レビューのための無謀な暴走が問題だった? [社会]




「かなりスピードが出ていて、追い越していきました。日常生活で見たこともないような速度で、200キロは出ていたのではないかと思います。そのあとで、桜並木の周辺が緊急車両で埋め尽くされていたのを見ました」

11b05_1110_20160412-150117-1-0001.jpg

24197_105_1af949e0_665eeb08.jpg

 高級スポーツカー・ポルシェ911GT3の試乗をしていた自動車評論家が11日、事故死。その直前、現場で車が走るのを目撃していた男性がその様子を証言した。

 事故があったのは当日の午後3時ごろで、神奈川・小田原市石橋の有料道路「MAZDAターンパイク箱根」で、自動車評論家の森野恭行さんが白いポルシェを運転中、カーブを曲がる際にセンターラインをはみ出して反対車線側の木に激突。車は大破し、森野さんは病院に運ばれるも、死亡した。

 現場のカーブは緩やかで、事故が起きやすい場所というわけではなかった。富士山や芦ノ湖、相模湾などを一望できる眺めが人気のドライブコースで、春と秋に交通量が増える。ここの制限速度は50キロで、目撃者は「この時期は桜を楽しむためにのんびり走る人も多く、私自身も40キロぐらいで走っていた」という。これを、猛スピードで追い越していったのが森野さん。警察の現場検証でも「スピードの出しすぎが原因」とみられている。

 森野さんは、自身が書いている車雑誌でのレビューのために出版社から借りてポルシェを試乗中だった。同車は最高時速310キロだが、当然そのスピードを出せるのはサーキットだけ。森野さんは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員も務めた“自動車のプロ”であり、そのことを知らないはずはなかったが、森野さんを知る出版関係者は「各車の仕様についてはかなり詳しかったが、運転技術は高くなかった」という。

「実は業界内で問題となっていたのが、評論家の暴走試乗でした。3月にも別の自動車評論家が、ジャガーの試乗会で伊勢志摩スカイラインをかなりの高速で暴走していたと苦情があったんです。雑誌側が高速走行を指示していなくても、評論家が暴走すればクレームが編集部に届く、ということが続いていたので、森野さんにも暴走を注意するよう何度か伝えてはいたんです」(同)
 それでも評論家が暴走をやめなかったのは「自動車メーカーとの絶対的な関係がある」と関係者は言う。

「基本、スポーツカーのメーカーは能力を最大限に引き出すレビューを期待するので、そこから仕事依頼が来る評論家は『軽々200キロ出た』とか、能力自慢を満たす記事を書きたがります。われわれ雑誌側も、メーカーの提供する試乗車や広告で成り立っているので、そこには逆らえない。先日、メーカーの意に沿わなかった評論家が業界から追放されるという事態もあったほどで……」(同)

 森野さんがポルシェのご機嫌取りのために異常な速度オーバーをしたのなら、単なる暴走事故とは言えなくなるが、現時点ではメーカーが責任の一端を感じるようなコメントは出していない。

 皮肉にも森野さんは、過去にブレーキ力や事故の際の人体への影響を軽減する装置など、ポルシェの安全性を強調する記事を何度も書いていたが、結局は無茶な運転で、むしろスポーツカーの高速走行の怖さを伝え、自身の命と、2,500万円以上するといわれる高級車を灰にしてしまった。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)
(この記事は(日刊サイゾー)から引用させて頂きました)



おすすめ記事
カー・オブ・ザ・イヤー選考委員  自動車評論家の森野恭行氏が事故死
警視庁に日産 フェアレディZ NISMO パトカー配備で、「もう逃げられない」の声
世界初公開したプリウスPHVが売れないワケ
歴史的名車「トヨタ2000GT」の伝説・逸話
「日産のGT-R」2016年モデルが世界最速ドリフト走行更新 その時速とは?
「ホンモノ揃いのスズキ」とカーマニアをうならせる、筆頭の新型車イグニスとは?
中国も認めざるをえない、世界に誇る自動車大国になった理由とは
ホンダが新型燃料電池車を発売 水素3分の充填1回で750キロ走行
トヨタ自動車の「レクサス」が価格15万円の超高級ランドセルを作った狙いとは?
「日本車5ブランド」が、米国の消費者団体専門誌で評価されていることとは?
トヨタのプリウス式の弱点を克服した「マルチステージハイブリッドシステム」とは?
Googleの自動運転車、自動運転モードで初の過失事故
「10速オートマ」時代で、ギヤを多段にする必要性とは?
大阪の暴走事故、今の自動ブレーキでは防げないのはなぜ?
暴走車から幼児2人を助けた10歳少女の勇気の代償が悲しい
梅田の暴走事故ドライバー死因  血液が心臓の働きを阻害する心タンポナーデとは?
F1で復活2年目を迎えるマクラーレン・ホンダが2016年型新車発表
ランボルギーニ新型「チェンテナリオ」を世界初公開!
「BMW M3」の生誕30周年記念特別限定車を国内で30台発売




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。