So-net無料ブログ作成

鼻水を無理に止めることをお勧めできない?理由と役割とは [国内]





気候も良く、お出かけには最適の時期ですが、花粉症の方にとってはまだ少し辛い頃かもしれません。

 目はショボショボ、鼻ムズムズと、症状は様々ですが、止めどなく流れ出る鼻水にお悩みの方も多いかと。呼吸もしづらくなり、食べ物の味も感じなくなり、次第に嫌気がさしてくるのが鼻水です。

 今回は、医師の小田切ヨシカズ先生に、鼻水の出る理由や役割についてお聞きしました。

yjimage.jpg

■鼻水の成分とは?

「鼻水の成分は、鼻腔内の鼻腺から出る分泌液や、血管からの浸出液、大気中の物質などで出来ています。健康な人でも、1日にだいたい1~1.5ℓほど出ますが、ほとんどは喉を通って胃へと流れていきます。鼻から外に出る量は、多くても200cc程度でしょう。ですから、鼻水が出すぎて脱水症状になるという心配はありません」

■鼻水は止めないほうがいい?

「鼻水にはいくつか役割があります。まず、鼻毛が大気中の異物の侵入を阻むフィルターの役割をしているのと同様に、鼻水も細菌やウイルスを体内に取り込まないようにする働きをしています。また、空気を吸い込む際に、そのままだと温度が低く体に負担がかかってしまうため、温度を上げて湿気を与えることで、負担を軽減する働きもしています。花粉症においても、鼻水が出るのは花粉を体外へと排出しようという作用によるもの。なので、鼻水を止めてしまうのはこの機能を停止させてしまうことになり、無理に止めるのはお勧めできない行為なのです」

■鼻水を止める方法

「鼻水は必要だから出ているのであって、止めることは改善を妨げていることになります。ですから、出し切るのが一番。とはいえ、人前に出たりする時など、どうしても見栄えが悪くなってしまうこともあります。そういう場合に用いられるのが、マスクにハッカ油をつける方法。吸い込むことで鼻がスーッとして通りやすくなります。また、小鼻の脇にある迎香(げいこう)というツボを指先で押したり、その少し上にある鼻通(びつう)というツボにも改善の効果があるとされています。ですが個人差があるので、いろいろ試して自分に合った対処法を見つけるといいでしょう」

 鼻水を無理に止めてしまうと、改善を遅らせてしまうことになるようです。それに、あまりに鼻の中が乾燥しても、ドライノーズという症状になり、ウイルスの侵入や繁殖を促してしまうのだそう。鼻水はほどよく出ているぐらいが丁度いいのかもしれません。
(この記事は(リアルライブ )から引用させて頂きました)



おすすめ記事
アルバニアのテレビ局が視聴者獲得のため、女性キャスターにさせているエロイこととは?
意外と小柄な女性芸能人って誰?
キンタロー。が、AKB48から乃木坂46にキャラ変更で大ブーイング
あなたの「ブラ」で性格診断
「グー」の握り方でわかるユニークな性格診断とは?
なるほどと思う、人に好かれる会話上手な人とは?
丁寧な敬語のように聞こえるけど、間違っているフレーズ7つ
研究データからみる、6時間睡眠出来ない人を襲うリスクとは?
バスタオルやブラジャーを洗う基準とは?
「Tバック初めて女子」の失敗しないポイント4つ
春の睡眠不足を解消するお役立ち便利グッズとは
女性に初デートで、ドン引きされないためには?
男を引き付ける魅力的な「盛りトップス」の3つのポイントとは
突然死のリスクは、おにぎりを温めたり食べ方で高くなるって、知ってますか?
関西の食パンが「5枚切り」の理由とは?
20~30代の男女500人が選んだ「恋愛遍歴がすさまじい女性芸能人10」とは





スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。