So-net無料ブログ作成

最悪の反日映画!! 正視に耐えぬ、慰安婦映画『鬼郷』の中身とは? [映画 アニメ]





慰安婦を主人公にした映画『鬼郷』が人気を集めている。1週間足らずで早くも観客動員100万人突破!などとニュースで大いにもてはやされている。もともと7万人以上の個人募金を集めて制作された独立プロダクションのキャンペーン映画だが、いわば“時流”に乗り、マスコミの宣伝が加わって大衆映画として大ヒットしている。

20160201122536185zvbl.jpg

 しかしこの映画はひどい。1970年代から韓国の映画やテレビ、舞台で数多くの反日ドラマを見てきたが、これは最悪である。「慰安婦として強制連行された可憐(かれん)な韓国の少女たちと極悪非道の日本兵」という図式で、日本兵による少女たちに対する殴る蹴る引き裂く…の残虐な暴行、拷問場面の連続は正視に耐えない。

 客席からは悲鳴が上がるほどで、暴行によって少女たちはいつもみんな顔が腫れ上がり、唇は切れ、体は血だらけ、傷だらけだ。しかも驚くべきことに、日本兵は慰安所から脱走しようとしたとして少女たちを野原に引き出して全員銃殺し、死体は穴に蹴落とし石油をまいて焼いてしまう。

 映画はわざわざ「元慰安婦たちの証言による事実にもとづく」と銘打っている。荒唐無稽なストーリーもさることながら、マスコミや識者、文化人から異論や批判はまったく出ず、絶賛一色という知的現実が実に切ない。(黒田勝弘)
(この記事は(産経新聞)から引用させて頂きました)



おすすめ記事
テスラモーターズの新型EV車に日産「リーフ」大敗か?
鉄拳がフジテレビのクイズ番組で起きた出演者もあ然とするトラブルとは
太る人と太らない人の生活パターンとは
ワコールの新作ブラジャー「SUHADA」が女性から絶賛の『3D同化フレーム』とは
西岡葉月が番組での乳首ポロリの反響で、テレビ効果に驚きと期待
【動画】東日本大震災で中止となった、感動の九州新幹線CMが再燃
研究データからみる、6時間睡眠出来ない人を襲うリスクとは?
愛媛新聞、スポーツ面の熊本地震に対するエールが泣ける!!
【動画】ラップで想いをぶつけ合う父と子の文科省の海外留学推進動画が泣ける
親がお仕置きで山中に置き去りにした男児が行方不明
こんな本も出していた!! 脇坂英理子容疑者が自らの経験のSEXアドバイス本
【動画】ユナイテッド航空のCA女性が、飛行機の非常用滑り台で脱出!!
米国の消費者情報誌でトヨタの新型「プリウス」を過去最高燃費と評価
平成28年熊本地震は日向灘を震源とする巨大地震の前兆?
元テレビ朝日アナの龍円愛梨がダウン症の息子を受け入れられたきっかけとは




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。